- 高壮吉鉱物標本Web展示 -

メニュー
本展示の内容は,白水晴雄・桃井斉・尾崎正陽・渡辺隆・東正治・勝本憲夫・原田力著,「高壮吉鉱物標本」(九州大学理学部研究報告,地質,第11巻,147-208,1971)を改訂したものです。



高壮吉鉱物標本の特徴

分類と配列

管理部局・収蔵場所

鉱物名索引(英)

関連文献

このWeb展示について

I. 元素鉱物
(8種)
展示1

II. 硫化鉱物および砒化鉱物(21種)
展示1/2

III. 硫塩鉱物
(6種)
展示1

IV. ハロゲン化鉱物
(2種)
展示1

V. 酸化鉱物
(21種)
展示1/2

VI. 炭酸塩鉱物
(13種)
展示1/2

VII. 珪酸塩鉱物
(62種)
展示1/2/3/4/5/6

VIII. ニオブ・タンタル酸塩鉱物(3種)
展示1

IX. 燐酸塩鉱物および砒酸塩鉱物(8種)
展示1

X. ウラン酸塩鉱物
(2種)
展示1

XI. 硫酸塩鉱物
(9種)
展示1

XII. タングステン酸塩鉱物
(4種)
展示1


高壮吉鉱物標本について

 高壮吉鉱物標本は明治45年(1912年)から昭和4年(1929年)まで工学部採鉱学教室の教授であった高壮吉により、1890年代から1930年代にかけて蒐集されたもので、標本個数は約1200個です。産地は日本全土に及び、とくに九州の金属鉱山の産出鉱物に見事なものが多く、朝鮮および台湾産もかなりの数に達し、欧米等の標本も含まれています。もっとも著しい特徴は、標本が大型で雄大豪華な点であり、東大の若林標本、和田標本とともに20世紀初期の三大標本の一つに挙げられています。



管理部局・収蔵場所


管理部局:理学研究院 地球惑星科学部門
収蔵場所:箱崎地区 総合研究博物館第1分館




このWeb展示について

●このWeb展示についてのお問い合わせ、ご連絡は、すべて下記あてにお願いします。


 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 九州大学総合研究博物館事務室
 webmaster@museum.kyushu-u.ac.jp

●本Web展示の著作権は,九州大学理学研究院と総合研究博物館に帰属します。 このWeb展示に掲載されている記事・写真等は著作権法による保護を受けており、個人の範囲内での利用を除き、無断で使用することを禁じます。

画像のご利用についてはこちらをご覧ください

(Web版の写真撮影およびhtml化: 杉本健)


(C) 2001 The Kyushu University Museum